親 アルツハイマー

体外に腫瘍が飛び出た乳がんの患者さん・・・。見るに堪えない・・・辛い(T_T)

病院にはいろいろな科がありますが、私は今働いている外科病棟が、自分には合っていると思います。
外科病棟というのは、急性期なので、他の病棟に比べると残業が多く、急変やステルペンも沢山あります。
その為、一日中バタバタしている雰囲気があります。
このような忙しい職場は、看護師からは避けられがちですが、新しい技術や知識を学ぶ事ができるので、
私にとっては、とてもやり甲斐のある職場です。

 

しかし、入院している患者さんは、重症度の高い方が多いので、ハッピーエンドで終わらないケースが沢山あります。
それが、この職場で働いている上での辛い事です。
時には、感情移入してしまって、気持ちの切り替えが出来なくなる事もあります。

 

今、私と同じくらいの歳の女性が、乳がんで入院しています。
腫瘍のステージが3b期なので、かなり悪い状態です。
出来ている腫瘍は体外に飛び出していて、皮膚が盛り上がっている状態です。
その患者さんはまだ30代です、それにまだ未婚です。
人生これから楽しい事が待っているのに、あまりにも辛いこの現実に、見るに堪えなくて辛いです。

 

乳がんの患者さんというのは、年々増えている傾向にあります。
若い女性も発病する病気ですから、それだけ不安も大きいと思います。
乳がんに限らず、他の病気も、早期発見、早期治療する事で、治癒する事が充分に可能です。
癌は決して治癒できない病気ではなく、早期に発見する事ができれば、助かる病気です。
その為には、日頃から定期的に健康診断を受ける事が一番大切です。
はっきりしたところはわかりませんが、癌の場合は、遺伝要素も関係していると言われています。
ご家族にそのような方がいる場合は特に、定期的に検査をする事をお勧めします。